時の話題 「野村監督」

 自宅で急死した野村監督(克也氏84歳)のことに触れないわけにはいくまい。それだけ筆者としても「人の奥底とは」を考える縁になった人であった。
 常勝球団とはいえ球場はいつも閑古鳥が鳴く南海に高校卒業しテスト生として入団したものの、数年後にはメキメキ頭角を現しホームラン王ほか戦後初の三冠王にも輝き、南海退団後はロッテ、西武でも現役を続けた。個人的には監督になってからの印象が強くヤクルトでデータ重視のID野球をし、その後も阪神、楽天、そしてノンプロのシダックスの監督を務め、盛りを過ぎた選手を再生させ古田など選手・監督に育てた手腕は見事というより天晴れであった。
 キャッチャーとして現役の頃には打者に語りかけ、監督になってからは「勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし」とか「マー君、神の子、不思議な子」と今や大リーグの名門ヤンキースのエースにまでなったマー君こと田中将大投手(駒大苫小牧高出身)を評し、その時々で名語録を残していた。
 3年前に亡くなった沙知代夫人との掛け合いも忘れられない。
 野村さんは父親を戦争で亡くし母子家庭(兄がいる)で育ったそうだ。恵まれぬ環境の中で野村少年は何を考えたのか。それは他人より頭を使い、例えば野球であれば皆がやりたがらないキャッチャーというポジションを選び、天才長嶋茂雄同様、夜中の素振りを繰り返したのだろう。
 努力し世に知られた人物になるだけではない何かを野村さんから教えられた人は少なくなかろう。世の中を面白くした人物だった。

コメントを残す