時の話題 「コロナ禍の元凶は」

 中国どころかパンデミック(世界的な流行)の様相さえ危惧される新型のコロナウイルス肺炎。感染者は4万人を超え死者も四桁の一千人台に乗った。
 日本国内では此処まで死者はいないが、大型クルーズ船ダイヤモンドプリンセスの乗客を中心に100人を超えてしまい拡大する一方である。
 過日、NHKを見ていると無菌状態の人からも感染しており、02年SARSのよう感染者を特定できないので封じ込めは出来ないという専門家(医師)の発言に言い知れぬ恐さを感じている。
 予防にはマスクをし手洗いを励行するというインフルエンザへの対処法しかないようで、今ワクチンづくりが懸命に行われているようだが、コロナ禍は暫く続くようである。
 未だ日本国内で死者が出ずパニックになっていないものの、今後死者が出ることも否定できず厄介な事になるのを憂慮している。
 医学がこれほどまでに発達した今にあって100年前のスペイン風邪(インフル)のよう5千万人、6千万人も亡くなる事は無いだろうが、心胆寒からしむ事態には違いない。
 ホテルなど観光産業への影響は甚大化しており、道内も数百億円の被害が出ているとの試算も発表された。
 韓国との問題もあり中国人観光客の訪日が著しく減ってしまえばインバウンド3千万人4千万人どころか昨年の半分位まで落ち込む可能性だってあろう。
 幹がしっかりしてなければ木も枯れるし、水やらねば花も咲かない。トップがしっかりしてねば思いも寄らぬ事態が生じてしまう。当て付けだがね。

コメントを残す

次の記事

天北堆