我がもの顔のトド 弁天島 肉眼でも10数頭確認

 宗谷岬の西側約1㌔沖合いに浮かぶ弁天島に、トドが群れで来遊し上陸している。
 周囲約500㍍ある弁天島には毎年冬になるとサハリンなどから越冬のため南下してきたトドが群れとなって現れ、昨冬は最も多い時で2000頭余りが上陸。以前には6000頭が確認されたこともあった。
 国際的に希少種として保護されているトドだが、宗谷管内のトドによる漁業被害は深刻で、昨年度は3億5000万円余りの被害があり、漁師にとって天敵ともいえる存在だ。
 晴れた日などは弁天島にトドが上陸し休憩している姿が、肉眼でも見ることができ、穏やかな天候だった今月3日午後は岩場などに10数頭確認された。
 殆んどは肉眼から見えない島の反対側にいるようで、宗谷の漁師は「タコなどが食われる被害が絶えない」とこぼしていた。

コメントを残す