菊池先生が優秀教職員表彰 文科省が授業改善を評価

 本年度の文部科学大臣優秀教職員表彰に輝いた潮見が丘小の菊池大先生(40)が29日夕方、表市教育長の許を訪れ受賞報告した。
 文科省では、平成18年度から優れた成果を上げた教職員を表彰しており、菊池先生は平成28年から、教職員の指導補助や相談、子供たちの自ら考える力を育てることを目的とした授業改善推進チーム事業の取り組みが評価された。
 菊池先生は、平成28年度から3年間、中央小と潮見が丘小を隔週で訪れ、全学年の授業をサポートしている。取り組みの成果について「担任以外の先生が一緒に授業をすることで、先生の授業の組み立て方や点から線に結び付けるような授業になり児童の学ぶ意欲に繋げることが出来ました」と話し、受賞にあたっては「自分だけでなく、関わってきた皆さんの取り組みが認められたと思っています」と喜びを語った。
 大島校長は「受賞を励みに子供たちのためより良い授業作りに努めてほしい」と称えていた。

コメントを残す