稚内地方これから暴風雪の恐れ 今冬一番の荒天に

 発達した低気圧が接近する影響で稚内地方は30日から31日にかけて雪を伴った風速30㍍前後の暴風が吹く恐れがあり、稚内地方気象台は暴風雪などに警戒を呼びかけている。
 30日にかけ予想される最大瞬間風速は陸上・海上とも35㍍、波は4㍍と海は荒れ、30日朝までに暴風雪警報を発表する見込み。
 暴風雪のピークは30日昼前から31日朝方にかけてで、30日以降は寒気の影響でまとまった雪も降り、多い所で31日朝までに20㌢前後を予想している。
 「今回の低気圧は動きが遅く、風の強い期間は長い。今冬一番の荒れた天候になる」と稚内地方気象台。

コメントを残す