サハリン館15日から10周年公演 稚内観光協会主催し副港市場で

 2月15日から1カ月間、副港市場で開催される稚内サハリン館のポスターが完成。今回は10周年を記念しアンサンブル歴代メンバーらの写真を掲載し豪華に仕上がり公演をPRしている。
 今冬もユジノサハリンスク市を拠点に活動するアンサンブル「ルースキー・テーレム」が出演。昨年から女性ダンサー1人が入れ替わり本番に臨むメンバー8人は、ユジノサハリンスクから空路2月8日に来日し、9日に稚内に入り、10日午後0時半から市役所議場でミニコンサートを開き、リハーサルなどし本番に備え、3月15日までの午後5時と6時の一日2公演(火曜日休み)する。
 10周年を迎える今回は、これまでの公演でルースキーが披露した楽曲のベスト版の特別プログラム、来場者に配る記念冊子などを企画している。
 中井観光協会事務局長は「10周年を迎えルースキーはやる気十分です。多くの観客に楽しんでいただけるよう10周年に相応しいステージにしますので多くの来場をお待ちしております」とPRしている。

コメントを残す