稚内で全道大会開催 9月17日北海道法人会連合会

 公益社団法人・稚内地方法人会は23日午後、理事会を開き、令和2年度の事業計画案を策定した。
 よき経営者を目指す団体として企業の積極的な自己啓発を支援し納税意識の高揚と経営の健全な発展に貢献する―などとした基本方針のもと①税知識普及の事業②納税意識高揚の事業③税制及び税務に関する調査研究・提言に関する事業(第57回北海道法人会税制改正提言全道大会稚内大会開催)④地域にある企業の健全発展に向けた事業⑤地域社会に貢献する事業など重点事業にした。
 理事会終了後、法人会全道大会の実行委員会が開かれ、大会の概要と収支予算など審議した。
 大会は9月17日文化センターで道内30法人会などから600人余りの会員らが出席し開かれ、来賓として札幌国税局長、鈴木知事、工藤市長を招き、北海道北部風力送電㈱社長の伊藤健氏が「地域特性を活用した風力発電と送電網による将来展望」(仮題)と題して記念講演する。
 翌18日はゴルフ大会とエクスカーション(利礼両島・稚内観光)を行う。

コメントを残す