時の話題 「20歳迎える君に」

 先ずは成人おめでとう。一口に20年と言っても様々な事があったでしょう。だが、この20年は長い人生の序章に過ぎず、これからが身も心も切られるような本当の勝負になるだろうから一つひとつを糧にし前進して行ってほしい。
 筆者の20歳の頃を振り返ると東京で学生生活を送っていた。高校時代のショックから立ち直ろうとしていた時期で、叔母達や知人・友人ら回りの人に恵まれ、少しずつだが異端の道から階段を上がっていた頃だったろう。
 親からの仕送りが少なくアルバイトをし糊口を凌ぎ金銭的に余裕は全く無かったが、それでも将来を語り合うなど青春を謳歌し、兎に角よく遊んでいたことを記憶している。
 20歳といっても社会人も学生もおり世の中に対する考え方への違いもあろうが、大人への入口である20歳という年は将来のため自らを磨く年齢であり、学ぶのも仕事も遊びも趣味も一生懸命やること願っている。
 青春時代は後悔の連続の日々だが、薄皮を重ねるごとく色々な経験をして行くうちに大人に成長する。だから一つや二つの間違いに臆することなく挑戦する精神を忘れず歩んでいってほしい。
 今流行りでないが立身出世しようとする青雲の志も捨ててはいけない。その野心こそが「何があっても負けない」という強い心を育てること肝に銘じ頑張るよう願っています。
 20歳になると事故・事件を起こした場合「少年A」とか「少女B」とかでなく実名報道される。それだけ自己責任が重くなるということであり甘えが許されないこと付記する。

コメントを残す