Pocket

 北門神社で27日、本殿を清める煤払いが行われ、今年一年に溜まったほこりを払い新年を迎える準備を整えた。
 朝から降り続いていた雪が止んだ午前9時過ぎから山本宮司ら神職3人が、長さ4㍍ほどの先に笹の葉が付いた竹で本殿の天井や神具、照明などの一年分のほこりを取り除いていた。
 参拝に訪れた外国人観光客の団体客が、すす払いの様子を見守る中、山本宮司は今年一年を「各地で台風など災害があり、最近は豊富を震源とする地震もありましたが、稚内は平穏な年でした」と振り返り、令和2年に向けて「マチでは良い方向に向かっている出来事も聞かれ、新年が良い年になるよう願いを込めて煤払いをさせて頂きました」と話していた。
 31日は午後3時から大祓式、除夜祭のあと1日午前0時から初詣を受け付ける。正月三が日の参拝客は1万人ほど見込んでいる。