大黒ビルで昨日夜、着物でXマス催す 32人が聖夜を満喫

 着物で稚内の魅力をPRするキモノでジャックが25日夜、大黒ビルでXマスパーティーを催し、ゲームなどで楽しい一刻を過ごした。
 今年は2月から3回開催したキモノでジャックin稚内の番外編として開いたもので、主婦やカップルなど32人が参加した。
 着物姿にサンタの帽子などXマス衣装の一部を取り入れた姿で参加した人たちは、今年の活動をスライドで振り返り、食事をしながら今年の思い出や来年に向け話に花を咲かせ、トイレットペーパーを高く積み上げた数で競うゲームなどで聖夜を満喫していた。
 代表の竹内ひとみさんは「着物文化を広めることと、稚内の素敵な景色、施設があることをPRするため私たちなりに来年も頑張りたい」と話していた。 
 イベントに初めて参加した稚内市の外国語指導助手(ALT)のジェイコブさんは「着物は神聖なイメージを持っていましたが、着させて頂き嬉しく、とても楽しい時間でした」と笑顔を見せていた。

コメントを残す

前の記事

天北堆