デビュー向け特訓中 寒流水族館のアザラシ〝正吉君〟

 ノシャップ寒流水族館で今年3月に産まれたゴマフアザラシの正吉(オス=9カ月)の訓練が始まり、来春オープンに向け特訓している。
 正吉の訓練は既にショーに出演している3頭に加わる予定で11月下旬から始まり、今は手を振る、仰向けになってお腹を見せるという基本動作の練習を毎日数十分行っているという。
 飼育員の鈴木志歩さんによると、東京の水族館のアザラシがショーでラッパを吹いていたことをヒントに、正吉に新技のハーモニカを吹かせる訓練を行っており「今はハーモニカの音を出すことしか出来ませんが、いずれは曲を演奏できるよう特訓して行きたい」と話していた。
 正吉は来年の夏季オープンからデビューする予定。

コメントを残す