ホタテ断トツ256億円 振興局 管内の漁業生産高予想

 宗谷総合振興局(水産課)は、今年の管内の漁業生産高予想をまとめた。
 数量21万5022㌧(前年対比4%増)、金額474億6004万円(同4%減)。数量は9224㌧増、金額は18億6274万円減。スケソが前年比72%、タラは38%増の漁獲だった一方、イカは数量が67%減と大幅減少し、金額も66%減の8億円減少した。
 魚種の金額。
 ①ホタテ259億9191万円(前年対比6%増)②ナマコ33億6051万円(同6%減)③毛ガニ30億9324万円(同15%増)④サケ・マス30億5120万円(同14%減)⑤コンブ23億8591万円(同22%減)⑥タコ21億1258万円(同40%減)⑦ホッケ13億7434万円(同18%減)⑧タラ12億8221万円(同23%増)⑨エゾバフンウニ12億3712万円(同3%減)⑩キタムラサキウニ7億8457万円(同20%減)⑪スケソ6億4652万円(同60%増)⑫イカ4億1421万円(同66%減)⑬カレイ類3億2007万円(同10%増)⑭オオナゴ2億8130万円(同13%減)⑮タラバガニ2億5316万円(同2・4倍)⑯ニシン2812万円(同4%減)⑰ホッキ2577万円(同28%減)⑱その他8億1767万円(同11%減)。

コメントを残す

次の記事

天北堆