Xマスムード一色に キタカラのコンサートに50人

 稚内駅でXマスキャロルを歌う会は21日午後、キタカラでコンサートを開き、聖歌隊の歌声に市民や観光客らは一足早いXマスを楽しんだ。
 6回目のコンサートに集まった市民ら50人余りを前に、牧師の東海林直史さんを中心とする聖歌隊10人はXマスに因んだ曲を披露した。「きよしこの夜」など定番曲になると見ていた人は、聖歌隊と一緒に歌うなどしXマスムードに包まれていた。

コメントを残す

前の記事

天北堆