努力実り優秀者に 鶴雨書道教室の楡さん

 鶴雨書道教室に通う楡未帆さん(東中1年)が、日本書道評論社の成績優秀者に選ばれた。同教室では2人目。
 楡さんは書道評論社が出版する「書の研究」で毎月の課題を提出する月例を3年間欠かさず、昇段級試験に一度も落ちることなく毛筆準4段、硬筆準3段、かな準2段に合格したことで選ばれた。道内で3部門を習いながら優秀者に選ばれたのは楡さんら12人。
 楡さんは「中学生になり部活と書道を両立するのが大変な中、選ばれたことを嬉しく思います。大澤先生に教えてもらったことで様々なことを乗り越えることが出来ました」と3年間を振り返り、今後は「来年から挑むことが出来る学生名人の合格を目指し頑張ります」と話していた。
 指導者の大澤和子さんは「3年間、努力してきた成果が実りました。書道や部活動に励み将来の役に立ててほしい」とエールを送っていた。

コメントを残す