320人がライブ楽しむ Xマスチャリティー開催

 Xマスチャリティーライブ実行委員会主催のチャリティーライブが22日夜、サフィールホテル稚内で開かれ、市民320人がバンド演奏など楽しんだ。
 平成16年から続くチャリティーライブの売上金は子ども達に音楽に親しむ機会をと、幼教研に寄付しており、毎年、多くの人で賑わう恒例のライブとなっている。
 参加した320人を前に、市民バンド〝ザ・サンダース〟がXマスソング「ジングルベル」、ベンチャーズ「ダイヤモンドヘッド」など、オールディーズを中心に15曲を披露。稚内フラシスターズの踊りとのコラボもあり参加者がダンスしたり盛り上がっていた。
 コンサートの合間には、佐藤寿勝実行委員長から表教育長に10万円など寄託された。
 家電製品など豪華景品が当たる抽選会では番号が呼ばれるたびに当選したテーブルから歓声が上がり、Xマス前の楽しい一夜を過ごしていた。

コメントを残す