天北堆

 正月号作りが佳境を迎えたためエンジェルボイスのコンサートには行けなかった。小紙に載った高井早苗さんと天使の歌声の主たちの写真を見ても完成度が伝わってくるようだ◆大人だけでなく子供だって色々と悩みを抱えているはずだが、頑張ろうとする意気込みには当方いつも目頭が熱くなる◆若い頃にあった夢も家庭を持ち子どもができ何やかやと忙しい中、それどころでなく毎日の生活に明け暮れてしまう◆その平凡を夢の世界に引き戻すのが芸術であり、臨場した市民は得がたいものを手にしただろう。

コメントを残す