過去最多の4147人応募 道の駅めぐり ぐるりんスタンプラリー

 宗谷管内「道の駅」品質向上協議会主催の2019道の駅最北ぐるりんスタンプラリーの応募が10月末で終了し、応募者は前年より5割増しの4147人。全7駅を制覇したのは20%増の2306人と過去最多だった。
 道北にある道の駅7カ所の魅力を伝えようと、管内5駅(わっかない、さるふつ公園、北オホーツクはまとんべつ、ピンネシリ、マリーンアイランド岡島)、上川管内2駅(なかがわ、おといねっぷ)を巡り、スタンプラリーに応募することで各地域の特産品が抽選で当たるイベント。
 期間中(6月1日~10月31日)の応募者数は4147人(前年比1449増)、全駅制覇2306人(同439増)。
 道の駅入り込み数は前年より24万1711人多い109万5488人。
 宗谷管外からの参加者が9割を占めており訪れた参加者からは「オホーツクの雄大な景色や美味しいものに出会えて楽しかった」などと感想が寄せられている。
 19日午後1時半から稚内市役所で特産品の抽選会が行われる。

コメントを残す

前の記事

時の話題 「高齢者雇用」

次の記事

天北堆