外国人旅行者向けマップ まちづくり稚内がキタカラに設置

 外国人旅行者向けの稚内駅周辺の店舗を紹介した新たなマップがキタカラアトリウムに掲示された。
 まちづくり稚内がインバウンド対策としてJRや都市間バスなど利用する外国人から飲食店などの場所が分からないとの声が多くあったことを受けたもので、稚内駅を中心に仲通りやアーケード街、周辺の観光スポットの場所を英語表示で紹介している。
 外国人観光客は香港台湾など東南アジアからの人たちが多いが、最近は欧米などからの旅行者も増えており、まちづくり稚内は「中央地区の街歩きの参考にしてもらえれば」としている。

コメントを残す

前の記事

天北堆