3つの戦略で売れる商品を 振興局主催し食セミナー

 宗谷総合振興局主催の輝け!てっぺん宗谷de食セミナーが10日、宗谷合同庁舎で開かれ、参加者が特産品の販路拡大方法などについて考えた。
 市場ニーズを取り入れた商品開発、磨き上げの重要性など知り、販路の開拓や拡大を目指そうというセミナーには、管内の事業者ら41人が参加した。
 リテイル・エンジニアリング・アソシエイツ(札幌)の鈴木俊介食料事業部長=写真=が「売りたいモノを望まれるモノへ」と題した講話で、今の人たちの消費に対する考えや商品ニーズについて話があり、売れる商品作りのためには「消費者に喜んでほしいなどとの想いを形にするため商品の作り込み、販売戦略、PR戦略を固めることが大切」などとアドバイスした。
 このあと「地域間連携商品の開発と磨き上げ」をテーマにしたクロストークが行われた。

コメントを残す