Pocket

 稚内冬季観光事業で11月の1カ月間、東京直行便を利用し稚内入りした首都圏からのツアーが好調だ。
 稚内観光協会によると、今冬はクラブツーリズムなど大手旅行会社による集客がよく、羽田から紋別を経由して稚内入りし直行便で戻る2泊3日のツアーと、その逆に稚内入りし紋別から帰るツアーがあり、11月の集客は昨年より350人以上多い36本700人余りを数えた。
 早めのPRが実を結び、昨冬は3月末まで5000人余りが訪れ、今年12月は1000人余りの予約がある。2月には10周年を迎える稚内サハリン館がオープンし、宗谷ふれあい公園スノーランドには冬を楽しむ体験メニューがあり、昨年以上の集客を図りたいと観光協会は期待を寄せている。