受験生のため生徒玄関にイルミ 稚中教愛会の父母が飾る

 稚中教愛会父親の会(今野哲也会長)が4日夜、生徒玄関にイルミネーションの飾り付けをした。
 高校受験を控えた3年生の激励と、地域が少しでも明るくなることを願い行っている活動のひとつで11年目を迎え父母や教員15人が参加した。
 父母らは、吹雪の中ピンク、緑色など色鮮やかなLEDに加え、花びら型のライトの取り付け作業を行い、一斉に点灯すると玄関は煌びやかなイルミネーションに包まれた。
 会長の今野哲也さんは「進路に向かう3年生を応援し、明るく卒業式を迎えてほしい。1、2年生は地域や父母に支えられていることを感じ取って今後も頑張ってほしい」とエールを送っていた。

コメントを残す