天北堆

 会社も人も今があるのはご先祖さまのお陰でありポッと出てきたのでない。DNA(遺伝子本体のデオキシリボ核酸)が受け継がれ現実化する◆藤建設(藤田幸洋会長・隆明社長)の創業者幹夫さんの父親清市さんが戦前の稚内と大泊(コルサコフ)を結ぶ稚泊航路の船長をしていた縁もあり同社は北防ドーム補修工事の合間を縫い曾つての稚泊航路記念碑の化粧直しを無償でする◆藤田家として今があるのは先祖のお陰であるという事を内外に示したものであり、今後も稚内をけん引してもらうこと願っている。

コメントを残す