5年間で2番目に多く 上期観光客入込数 前年比3.8%増の39万4500人

 市(観光交流課)は今年度上期(4~9月)の観光客入り込み状況をまとめた。
 39万4500人で前年度上期から3・8%の1万4400人増え一昨年以来2年ぶりに39万人台となり、過去5年間では2番目に多かった。
 道内客は10万900人と前年より2・7%の2700人増え、道外客は29万3600人と4・2%の1万1700人増。日帰り客は18万8600人で4・8%の8600人増え宿泊客は20万5900人と2・9%の6800人増え、延べ数も4・3%の1万300人像の25万500人。宿泊数、延べ数ともに過去5年間の中で29年度に次ぎ2番目に多かった。
 昨年度上期は西日本での大雨災害や北海道胆振東部地震の影響で観光客は落ち込んだが、今年はGWが10連休となったことで旅行需要が高まったことに加え旅行会社への誘客活動が実を結ぶと共に、観光の取り組みとして北の桜守パークでのお祭り、観光客が例年落ち込む9月に散策しながら地域の食を楽しむガストロノミーウォーキング、宗谷岬で7月から3カ月間開設されたツアーセンター「ベースSoya」での体験観光など展開し一昨年と同じくらいまで回復したとしている。

コメントを残す