Pocket

 北宗谷広域観光推進協議会、わっかない観光活性化推進協議会は19~22日までシンガポールで観光プロモーションを展開し、来年の夏などの観光に向け宗谷の自然や食などの魅力をアピールした。
 年々来日する個人客など増えているシンガポールからの観光客誘客に繋げるため、稚内など宗谷管内の観光関係者7人が宗谷観光の魅力を伝えると共に、北海道旅行を企画している現地の旅行代理店10社余りを訪問した。
 21日夜に開いた個人観光客向けの説明会には定員いっぱいの40人が参加。今年夏にインバウンド事業で招いたシンガポールの人気ブロガーが稚内などを回った時に撮った宗谷丘陵の白い道、宗谷岬に開設したベースSOYAでのサイクリングなど、体験観光の様子を写真や動画で紹介した。
 ほかにも利尻などでのウニ採り体験、2月にある凍った大沼での雪上車ツアーなども紹介され、富裕層が多いシンガポールの人たちから稚内など宗谷観光に高い関心が寄せられた。
 プロモーション活動を終え帰市した稚内観光協会の戸村プロジェクトマネジャーは「向こうの人たちは東京~稚内間の飛行機があることを知らない人もいる。それらの部分をしっかり伝え、彼らが好むその地域でしか味わうことができない体験観光などを積極的にPRしていき誘客に繋げていきたい」と話していた。