Pocket


 株式会社ポケモン(東京)は28日、道内15市町に世界的な人気があるゲームソフト「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされたマンホール〝ポケふた〟を寄贈した。稚内市も選ばれ、来春には中央地区に設置される予定にある。
 昨年10月、道と㈱ポケモンは、地域活性化に向けた包括連携協定を締結しており、地域振興の一環として既に本州で54基設置されているポケふたが宗谷管内では稚内市と豊富町に寄贈されることになった。
 稚内市のマンホールには、キャラクターの「アローラロコン」、「アローラキュウコン」がデザインされており、将来的にはスマホアプリ「ポケモンGO」のアイテムなど入手できるポケストップになる予定だという。
 ポケふたの公式ホームページでは、宗谷丘陵の白い道など稚内市を紹介するページも公開されている。