100歳長寿を称える 市長が木村ツヱ子さんを祝う

 25日午後、工藤市長が老人保健施設ら・ぷらーさに入所する木村ツヱ子さんの許を訪れ100歳を祝福した。
 今年2人目の百寿者となる木村さんは大正8年11月9日に上磯町(現・北斗市)に生まれ、2男1女の子供に恵まれた。4年前から入所しているら・ぷらーさでは毎日、テレビ鑑賞などを楽しみながら過ごしている。
 工藤市長から「100歳おめでとうございます。心からお喜び申し上げます」と祝い状を贈られたツヱ子さんが「いつの間にか100歳になってしまいました。市長さんがお祝いに来てくれて嬉しいです」と喜ぶ姿に、家族は「大きな病気をすることなく長生きできるのも施設の皆さんが本当によくしてくれるからです」と感謝していた。

コメントを残す