こまどり町内会の子供たちが高齢者宅にランチ届ける

 こまどり町内会の子供たちらが23日、町内に住むお年寄り宅を訪問し昼食のお弁当を届けた。
 町内では平成26年以来5年ぶりのふれあいランチ事業で、南小、南中の児童生徒や地域住民ら20人余りが、町内に住む80歳以上のお年寄りと65歳以上の独居老人宅77世帯85人に弁当を届けた。
 「これからも元気に過ごして下さい」などと書かれたメッセージと一緒に弁当を受け取った女性は「お弁当を届けてくれるのは知っていたので、楽しみにしていました」と喜んでいた。

コメントを残す