見守り活動に貢献 スクールガード 市民、事業者の登録を

 朝夕の厳しい寒さが続く中、通学路で子供たちの登下校時の安全を見守るスクールガードが活躍している。
 児童生徒らの安全を見守るべく平成18年からスタートしたスクールガードは町内会の人達が中心となり現在、470人余りが登録。活動している人の高齢化でピーク時より300人余り減少し、地区によっては道端で見守る人が不足している所もあり、登録者確保が課題になっている。
 気温が氷点下1・6度まで下がった21日朝緑地区の南小通学路で近くに住んでいる70男性=写真=がスクールガードとして子供たちの安全を見守っていた。緑6から南小までの道道は通勤時間になると車の通行量も多く、この男性は子供たちに「車に気をつけるんだよ」「道路は滑るからゆっくり歩くんだよ」と声をかけ登校を見守っていた。
 事務局の稚内市子ども安全育成センターによると、スクールガードは子供たちの交通安全の見守りだけでなく不審者からの声かけ事案などの防犯にも力になっている。一般市民登録ほか事業者の登録を呼びかけている。申請は☎73-1556。

コメントを残す