219人の観光客利用 稚内観光協会のレンタルサイクル事業

 稚内観光協会は10月末まで実施したレンタルサイクルの利用状況を集計。予想の倍の200人を超える利用があった。
 JRなどで稚内入りした個人観光客らの二次交通の手段として、4台の自転車を1台1時間1000円、1日乗り放題3000円で貸し出す事業がスタートした6月は22人、7月34人、8月70人、9月69人、10月24人の219人が利用した。
 利用者の地域別では道外が7割以上を占め167人で東京が62人と最多を数え、道内28人、神奈川27人、埼玉11人、千葉10人など。外国人の利用は中国7人、韓国3人、台湾2人など16人だった。
 利用者はキタカラ前を出発し産業道路など前浜を通ってノシャップ岬を折り返したり、稚内公園を回ったりするのが大半を占め、宗谷岬まで行き途中は宗谷丘陵の白い道を通り夕方まで自転車観光を楽しんだ人もいた。
 協会は自転車は二次交通として役割を果たし、利用者からも評判も良く来年以降も継続していきたいとしている。

コメントを残す