地域の発展目指して はまなす町内会50周年記念式・祝賀会

 はまなす町内会(戸田昭一会長)の創立50周年記念式典・祝賀会が17日、町内会館であり、出席者が半世紀の節目を祝うと共に、町内会の更なる飛躍を誓った。
 出席した町内の住民来賓72人を前に、戸田会長は「町内会は昭和44年に創立され、今日まで先人たちが町内の発展に尽くしてきたことに感謝し敬意を表すものです。今後は決意を新たに町内の難題に臨み次世代にバトンタッチして行きたい」と式辞を述べた。
 創立50年のあゆみなどで歴史を振り返ったあと、工藤市長から戸田会長、齋藤繁一前会長ら10人に感謝状が贈呈され、受賞者を代表し齋藤前会長が「会の一翼を担ってきた者としての受賞は皆さんの指導、支援の賜です」と謝辞を述べ、工藤市長、武部代議士(代読)、吉田道議(代読)瀧稚内市町連協会長が来賓を代表し挨拶した。
 このあと、開かれた祝賀会は、岡本市議会議長の乾杯の音頭で祝宴に入り、東小児童のソーラン発表、役員による寸劇などのアトラクションを楽しみながら節目を祝った。
 他の市長感謝状被表彰者は次の通り。
 ▽役員20年以上 谷口實、佐々木勝、尾崎功、中本徹、東原幸一、大関清一▽篤志寄付者 副島成夫、西海政雄。

コメントを残す