今宵から黄砂飛来の恐れ

 29日夜から30日朝方にかけて稚内上空に黄砂が飛来する可能性があり、稚内地方気象台は注意を呼びかけている。
 日本で黄砂は春に観測されるが、今年は全国各地で4月~5月にかけて飛来し、稚内は4月17日に1回観測された。
 中国大陸のゴビ砂漠などの砂が巻き上げられることが原因の今回の黄砂は、西風により日本の広い範囲で飛来する恐れがあり、気象台は「夜から降る雨で車が汚れる可能性や空が少し霞むなどの影響があるかもしれない」と注意を呼びかけている。

コメントを残す