ナナカマドなど紅葉見頃に 旧瀬戸邸

 旧瀬戸邸の中庭にある木々の紅葉が見頃を迎え、来邸者の目を楽しませている。
 朝晩の気温が5度前後まで下がるようになった今月中旬から中庭のナナカマドなどの落葉樹がオレンジや黄色などに色付き始め、見学に来た観光客らが庭に出て紅葉を楽しんでいる。
 札幌から観光で訪れたという男性は「瀬戸邸を見せて頂いて稚内にも色々な歴史があることが分かり興味深かった。庭も和の風情があり良いですね」と庭を散策していた。
 冬季特別開館する旧瀬戸邸11月一カ月間の団体予約は20本以上に上っている。

コメントを残す