児童ホタテ貝むき挑戦 管内漁業士会 潮見小で出前授業

 宗谷管内漁業士会による出前授業が23日、潮見が丘小で行われ、5年生がホタテの貝むきなど体験した。
 地場産魚介への理解を深め、水産業の知識を身に付けてもらおうと行ったもので、5年生74人と漁業士や関係者22人が参加した。
 児童たちは、猿払村漁協の工藤幸弘さんからホタテ貝の漁についての座学で学んだあとホタテの貝むきに挑戦し、新鮮なホタテを刺身とバター焼きに調理して味わっていた。

コメントを残す