科学館でノーベル賞巡回展

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 青少年科学館で平成26年から今年までのノーベル賞受賞者を紹介する巡回展が開かれている。
 全国科学館連携協議会の巡回展に申し込んだところ当選し開かれる事になったもので、日本未来科学館(東京)が制作したノーベル賞の物理学、化学、生理学・医学の3分野の受賞者を中心にパネルで功績を説明している。平成26年に青色発行ダイオード(LED)の発明で省エネなどに貢献し物理学賞を受賞した赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏や、リチウムイオン電池の開発に貢献し、今年の化学賞に選ばれた吉野彰氏などの功績を称えている。
 11月末まで展示。

コメントを残す