公立高から初合格 稚高女子4人 化粧品協会の2級検定

 日本化粧品協会(東京)が実施する化粧品検定2級に、全国の公立高校では初めて稚高の女子生徒4人が合格した。
 日本化粧品検定協会認定校のコスメライセンススクール稚内校(佐藤卓也校長・中央3)の支援を受け、メイク法だけに限らず紫外線、睡眠など肌ケアの基礎知識を身に付ける2級検定対策講座を夏休み中に受講し9月中旬の試験に臨んだ衛生看護科3年の中山夏季さん(18)、和田陽愛さん(18)、普通科3年の野村日菜里さん(17)、2年の櫻井理那さん(17)の4人が合格した。
 「高校生が合格するのは稀なこと。化粧品検定は生涯学習として多くの企業で支持されており、将来に向け頑張ってほしい」との佐藤校長のエールに、将来はヘアメイクアーティストになりたいという野村さんは「高校卒業後は専門学校に進学し夢の実現のため頑張りたい」、看護師を目指している中山さんは「患者さんに様々な援助ができるよう資格を取りました。将来に役立てたい」と話していた。

コメントを残す