第2船は食品など6㌧ サ州貨物事業 道北物産展に向け

 今月25日~27日までサハリン州ユジノサハリンスク市で開かれる道北物産展に向けて18日、稚内港から物産品が輸出される。
 稚内・コルサコフ定期航路利用促進協議会による稚内~サハリン間の貨物船チャーター事業として、7月下旬の第1船以来3カ月ぶりとなるチャーター船はユジノ市で開催する物産展だけでなく、稚内市と友好都市関係にあるネベリスク市で26日に初めて開催されることが決まった展示即売会の催事用などに食品、建設資材、雑貨など約6㌧を輸出する。
 事務局の市によると第2船は18日朝に稚内港国際ターミナルに到着し、荷揚げ作業終了後、コルサコフ港に向け出港する。

コメントを残す