西浜の風車再開 京都の業者 町内会と合意書交わす

 稚内市の小型風車条例で住宅からの距離で違反し風車2基を移設したまま工事がストップしていた西浜地区にある風車の工事が再開された。
 西浜地区で出力3㌗のマイクロ風車6基の建設を計画している京都の業者は、住宅からの距離の問題で昨年夏に違反していた2基の風車を移設してから工事をストップさせていたが、その後、地域住民に事業計画を説明し今年夏に業者と西浜町内会などとの間で事業計画、風車運転に関し安全管理を徹底する合意書が交わされたことを受け、工事を再開した。
 1カ月ほど前から残り4基の風車支柱を建てる工事を進め、7日までに風車部分の設置工事を終えた。
 地域住民は「いつ稼働するか分からないが安全管理をしっかりしてもらいたい」と話していた。

コメントを残す