潮見中野球部の3選手がU-15道チームに選抜されアジア大会に出場

 潮見が丘中3年生の阿部秀海、荒木滉大、内谷暁鐘君が11月25~28日に台湾の嘉義市で開催される第8回U―15軟式野球アジア選手権大会の北海道チームに選抜された。
 3人は8日、北海道軟式野球連盟の選抜セレクションで道内から参加した50人の中から22人に選抜され、日本からは北海道、東北、福岡の3チームと台湾9チームが出場する。
 ショート、セカンドの阿部君は「合格したからには自分の実力を発揮しチームに貢献したい」、ライトの荒木君は「アジアの頂点目指し頑張りたい」、内谷君は「選ばれなかった仲間の分まで頑張りたい」と大会への意気込みを語る。
 潮見が丘中の澁谷雅和監督は「中体連で悔しい思いをした分、今大会でリベンジを果たしてきてもらいたい」とエールを送っていた。
 3人は5、6日の秩父別で行われる合宿などに参加したあと、23日に新千歳空港を出発し台湾入りし試合に臨む。

コメントを残す