台風被害の千葉県房総半島支援募金 大谷高生徒会など

 大谷高生徒会(松川優和会長)などが30日市内スーパーなど4カ所で台風15号によって被害を受けた千葉県房総半島の募金活動を行った。
 生徒会が中心となり自分達ができる活動をしようと集まった25人は、シティわっかない店、生鮮市場稚内店、西條稚内店、ユアーズ前で募金活動をした。
 西條では、松川会長ら5人が募金を呼びかけ、買い物客は支援の一助になればと善意を託し募金した。
 松川会長は「千葉県の状況をテレビで見てできることをしたいと思いました。もっと多くの人たちにも活動が広がってほしい」と話していた。
 募金額は一日で9万1669円となり、今後、生徒会で話し合い募金先を決める。

コメントを残す