Pocket

 21日に江別で開かれたロボットの性能などを競うETロボコン2019北海道地区大会に出場した稚内北星大学チームは、昨年稚内であった大会より1つ順位を上げ4位に入賞した。
 道内の企業や大学、高専などから14チームが出場し、走行競技と開発部門に分かれて競技した中、走行競技の部に出場した稚内北星大学はロボット工学などを専門とするチームが苦戦するのを尻目にコースを攻略し完走した。
 今年から女子学生1人が加わった稚内北星大学チームは「3位との差は僅差で惜しかったですが、前回より順位を上げ嬉しい」と喜んでおり、金森常務理事は「IT分野を学ぶ学生が座学だけでなく学んだ成果を発揮する場として一昨年からロボコン大会に出場するようになり、強豪相手に今回も良く頑張った」と称えていた。