3000人仕事に触れる 稚内JCのワークフェス

 稚内青年会議所主催のわくわくワークフェス2019は22日、中央アーケード街で開かれ、子供たちが様々な職業に触れた。
 花屋や医師、カメラマン、クレーンオペレーター、ガソリンスタンドなど38の職業体験ブースが設けられ、3000人余りの親子連れで賑わった。
 花屋では子供たちが独自に形を整え贈り物用の花を作り、大谷高生を中心に結成された稚内盛り上げ隊が設けた観光ガイドブースでは、隊員がノシャップ岬や宗谷丘陵の白い道など稚内の魅力を子供たちに伝えていた。
 稚内JCの山本英寿実行委員長は「1200人の子供たちが様々な仕事に触れ、今回の体験を参考に夢を持って育ってほしい」と話していた。

コメントを残す