富田まち研会長が発表 21日函館での建築士会全国大会

 21日、道内で平成19年以来12年ぶりに開催される第62回建築士会全国大会北北海道大会で、稚内市歴史・まち研究会の富田伸司会長が宗谷支部会員では10年以上ぶりに発表者として登壇する。
 函館で開催される北北海道大会には、全国各地から建築士や関係者ら3000人余りが出席し景観・街中、福祉、防災、環境部会などをテーマにした8つの地域実践活動発表が行われる中、歴史まちづくりの部の道北ブロック代表として、恵北にある稚内赤れんが通信所の保存活動などの取り組みが評価された富田会長が「国境のまち 稚内の歴史的建造物の保存とまちづくり」と題し、これまでの活動を発表する。

コメントを残す

次の記事

天北堆