稚高、大谷高のPTA 大学存続求め要望 市長に「大学は重要」と

工藤市長に要望書を渡す鎌田稚高PTA会長

 稚高PTA(鎌田真也会長)、大谷高PTA(三浦大樹会長)、稚高定時制教育振興会(泉正一会長)の3団体が12日午後、工藤市長と斉藤北星大学長に稚内北星学園大学の存続を求める要望書を提出した。
 定員割れなどで経営危機にあり存続させるかを検討されている稚内北星大学について、稚高の鎌田会長らは①地域の子供たちの高等教育機関での教育を受ける機会を確保するために大学は大きな役割を担っている②大学と稚高、大谷高とは三者連携協定を結んでおり教育の質の向上と活力あるマチ作りを実現するために大学は必要③マチの将来を担う人材を育成するためには大学は重要―などとする要望書を工藤市長に手渡した。
 鎌田会長の「稚内のマチに最高学府の大学があるというのは貴重で簡単にいくようなことではありませんが、将来を担う子供たちの希望や夢を実現できるマチを目指していくため検討して頂きたい」との訴えに、市長は「要望内容を踏まえながら最善の道を探していきたい」と述べた。

コメントを残す