旧社教センター築70年経ち解体 跡地は緑体育館駐車場

 築70年余りが経った旧社会教育センターの解体工事が進められている。
 昭和25年、南中校舎として建てられ、その後、増改築され55年に市民講座や会議、生涯学習などの機能を備えた社教センターとして開設した。
 長くサークル団体などの活動場所として親しまれてきた施設は昨年3月末、旧商工高の実習棟を整備した生涯学習総合支援センター風~るわっかないの開館に伴い閉館し、老朽化が進み今年1月の暴風で屋根の半分近くが剥がれた事もあった。
 市から工事を請け負った藤・錦JVが12月10日までの工期で解体工事を進めており、跡地は50台分の車が駐車できる緑体育館の駐車場として活用されることになっている。

コメントを残す