放水体験などに歓声 救急の日・消防フェアを開催

 救急業務などへの理解を深めてもらう救急の日・消防フェアが8日午後、稚内消防庁舎で催され、多くの親子連れで賑わった。
 消防車や救急車の展示、消火ホースで3㍍先の的に当てる放水体験、救急隊員が有事に備えて日頃行っているロープを使った訓練などを子供たちが体験し心肺蘇生法の実技体験では救命法を隊員から教わっていた。
 一日救急隊長になった稚高看護専攻科2年生橋本恵玲奈・玲依奈さん姉妹が、119番通報の正しい利用などの広報活動で活躍していた。

コメントを残す