家族一緒にイモ掘り 共成農産 勇知いも収穫祭催す

 共成農産の勇知いも収穫祭が7日、上勇知であり、参加した家族連れなどがいも掘りを楽しんだ。
 30年目を迎えた収穫祭では男爵とキタアカリを自分達で掘り、箱詰めすると200円安くなることもあって開始の午前10時前から人が集まり始め、植えられたイモをスコップなど使ってダンボール箱いっぱいに収穫していた。
 初めて収穫祭に参加した高橋悠希君(5つ)は、スコップを手に畑を掘り、イモを見付けるたび喜んでいた。
 近くの別会場ではトマト、キュウリなどの野菜販売、焼き肉パーティーなど催され、午前11時には招待された緑ヶ丘学園の生徒ら8人がイモ掘りやパーティーに参加した。

コメントを残す