全道一斉シェイクアウト 宗谷管内では3000人余りが参加

 北海道シェイクアウトが胆振東部地震発生から1年経った6日、道内一斉に行われ、参加した約12万人の道民が身の守り方を再確認した。
 胆振東部地震を教訓にした訓練は6日午前10時、日本海溝・千島海溝周辺溝型の大規模地震が発生したことを想定し行われた。
 宗谷管内では20団体から3139人が参加。大谷幼稚園オアシス保育では地震発生を告げる放送が流れると園児ら130人が机の下で頭を守る行動を取り、揺れが収まったあと津波警報発表を受け市役所裏山まで避難した。

コメントを残す