天北堆

 震度7という北海道でそれまで最大の地震となった胆振東部地震から1年経った。震源に近い厚真、むかわ、安平3町では今だに201世帯415人が仮設住宅で暮らしている。その仮設の入居期限も来年いっぱいで被災者は引越しなければならない。多分、高齢者世帯が大半だろうから国や道、町の支援は欠かせない◆ブラックアウトをくらった他の市町村では停電に備え自家発電機導入を進めているが、苫東厚真火力発電所(165万㌗)に依存する電気供給体制はさほど変わりなく再現も有り得る。

コメントを残す