時の話題 「韓国との問題」

 太平洋戦争中の朝鮮半島出身者への徴用工補償問題から端を発した日本と韓国間の問題はエスカレートする一方でここまでは収束の兆しさえ見えない。
 1965年(昭和40年)の日韓請求権協定で妥結済みのこととして処理してきたが、文政権発足により韓国の裁判所が当時の日本企業に賠償判決を下すなどした後、貿易問題、そして韓国のGSOMIA(ジーソミア)延長せずとの安保にまで及んでしまった。
 韓国では日本製品の不買運動、日本への観光自粛、日本の一部週刊誌の過激な韓国叩きと、ボタンの掛け違いは両国が当初目論んだ方向からとんだ所に行ってしまっている。エスカレートする報復合戦に憂慮する国民は少なくなかろう。
 徴用工問題は文大統領が言うよう日本は真摯に対応しなければならない。補償は解決済みという日本側の木で鼻を括ったようなスタンスは程々にし、日韓の長い交流の歴史を勘案し対応していけばいいものの「解決済み」の一点張りでは韓国側も反発心が募る一方だ。
 韓国の裁判所の判決は唐突なものでなく韓国が協定妥結とはいえ長年持っていたわだかまりであり、隣国・同盟国同士、腹を割って解決策を模索すればいいのに安倍政権が怠ったのが始まりだった。
 自分が考える以上に相手の怨嗟は相当だったということで、これは個人間でもあることであり注意したい。
 日本には在日の人達がおり稚内にも少なからずいるが、国家間ほど、一部韓国人ほど深刻化していないのが救いか。イエスの「敵を愛せよ」と言わずも隣人は愛さなくては。

コメントを残す