献血への協力をと 全国で輸血用血液不足

 手術などで必要となる輸血用の血液が全国的に足りず、日本赤十字北海道支部は市民に献血への協力を呼びかけている。
 昨年、西日本豪雨災害があって以降、輸血用の血液が不足しており、最近は九州豪雨災害の影響で西日本エリアで予定していた献血ができずにいることから全国的に全ての型の血液が不足している状況にある。
 2日午後1時半まで市役所で移動献血車による献血が行われたが、担当者は「九州の豪雨災害で西日本では献血が中止され全国的に不足しています。特にA型とO型が足りないので協力をお願いしております」と献血協力を求めている。
 献血車の日程は次の通り。
 ▽3日 宗谷合同庁舎(午前9時~午後3時)、マルハン稚内店(午後3時30分~午後5時)▽4日 稚内消防署(午前8時45分~午前10時)、明治稚内工場(午前10時30分~11時30分)、稚内北星大学(正午~午後1時)、稚内地方合同庁舎(午後2時30分~午後4時30分)。

コメントを残す

前の記事

天北堆